本当に「がん保険」に入るべき? がん罹患率と医療費の誤解

 生命保険に支払う保険料は世帯平均で年38万2000円。1か月分の給料がまるまる飛んでいくほど高額で、“保険貧乏”に陥る家庭も少なくない。近年は「生きている間のリスク」に備えるものとして「医療・がん保険」の新規契約数が増加しているが、はたしてどこまで必要なのか。

2人に1人ががんに罹るのは80才以降から

 がん保険のCMでよく耳にするのが「日本人の2人に1人はがんになる」という言葉。間違いではないが、50才以下の人ががんになる確率は極めて低い。

 女性の場合、50才までにがんと診断される確率はわずか5%。60才までなら11%で、80才まででも29%程度にとどまる。男性の場合も、50才までのがん罹患率はたったの2%。60才までの場合も8%で、80才を超えてようやく2人に1人の5割に達する。

 後期高齢者(75才以上)になれば治療費は1割負担となり、さらに安くなるはずだ。50代までにがん保険に入る必要がどれだけあるだろうか。

Source: マネーポストWEB

XMTRADING

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.