武豊「クロフネ2世」誕生? 「7・4・4・10・5馬身」ダート圧勝続けるインティにファン驚嘆

 10日に開催された東京競馬の武蔵野S(G3)は混戦をサンライズノヴァが制したが、ファンのダートへの注目は裏開催の京都、そして武豊騎手に注がれていた。

 京都10Rの観月橋S(1600万下)。1…
Source: Business Journal

XMTRADING

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.