年末年始に備える食費節約術 ふるさと納税活用や手作りケーキも

年末年始のごちそうはふるさと納税を活用しよう(イラスト:やまなかゆうこ)

 何かと出費が多い年末年始に備えるため、1年で最も出費が少ないといわれる11月の間に、しっかりと節約してお金を貯めておきたいところ。コツコツ、コツコツ、1円を削り出す──地道な節約ワザも積もり積もれば大金になる。ここでは、食費の節約術について教えよう。

◆年末年始のごちそうはふるさと納税を活用(米代約6000円の節約)

 米などの食材は、11月中にふるさと納税で寄付をすれば、12月には届く。ファイナンシャルプランナーの二宮清子さんは、20kgの米をもらったという。通常、5kgで2000円の米を買っているため、20kgで8000円相当。これが実質2000円で手に入るので6000円の節約に。

◆パンやおやつはホームベーカリーで手作り(10個で約1400円の節約)

 ホームベーカリーを持っているならぜひ活用したい。節約アドバイザーの丸山晴美さんが語る。

「総菜パンの生地を10個焼くには、強力粉が2kg程度必要ですが、価格は600円程度。市販のパンを10個買えば2000円はするので約1400円の節約に」

 ケーキもホットケーキミックスを使って手作りすればよい。ミックス粉は300円前後、ホイップクリームも200mlで200円前後なので、3000円以上するケーキを買うより安く済む。

※女性セブン2018年11月15日号

Source: マネーポストWEB

XMTRADING

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.