富士変速機<6295>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2018年10月27日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

富士変速機

3ヶ月後
予想株価
320円

減速機・変速機・駐車場装置を製造・販売。工作機械、工業用機械、産業用機器装置等の動力伝導技術がコアコンピタンス。18.12期3Qは、減速機関連事業が堅調も、駐車場装置関連が資材価格高騰などで苦戦。

18.12期通期は会社予想から下振れか。コスト低減図るが資材費高騰などが重い。中核の動力伝導技術に資源集中。19.12期は5%程度の増収、さらなるコスト低減の計画を予想。株価は当面安定推移を見込む。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.12期単/F予/6,300/250/270/180/10.64/6.00
19.12期単/F予/6,700/350/370/230/13.60/6.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/10/27
執筆者:HY

<FA>
Source: マネーポストWEB

XMTRADING

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.