武田薬の急騰でコール型が前日比66%上昇(21日10:05時点のeワラント取引動向)

新規買いは原資産の株価上昇が目立つ武田薬品工業コール165回 11月 5,500円を順張り、昭和電工コール9回 1月 5,000円を順張り、SUMCOコール146回 10月 3,700円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つ三井住友フィナンシャルグループコール276回 1月 4,600円を逆張りで買う動きなどが見られる。

手仕舞い売りとしてはダウ・ジョーンズ工業株価平均プット321回 8月 21,500米ドル、ダウ・ジョーンズ工業株価平均コール368回 8月 26,500米ドル、TDKコール133回 9月 9,000円、堀場製作所プット9回 9月 6,000円、テスラプット52回 7月 330米ドルなどが見られる。

上昇率上位は武田薬品工業コール162回 8月 6,000円(+66.7%)、ソニーコール311回 8月 6,500円(+56.5%)、スクウェア・エニックス・ホールディングスコール55回 8月 5,800円(+53.3%)、ソフトバンクグループコール435回 8月 12,000円(+50.0%)、ダイキン工業コール90回 7月 14,500円(+47.5%)などとなっている。

(eワラント証券投資情報室)

<HH>
Source: マネーポストWEB

XMTRADING

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.