ドル・円は下げ渋り、クロス円が上昇

 ドル・円は欧州市場で一時111円63銭まで下げたが、足元は111円70銭付近で下げ渋る展開。ユーロやポンドをはじめ主要通貨がドルに対して強含んだ。その影響でクロス円が上昇し、ドル・円は小幅に押し上げられた。ただ、欧州株は全面安、米株式先物は軟調地合いが続き今晩の株安観測から、ドル・円の戻りは限定的とみられる。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円63銭から111円84銭。ユーロ・円は129円13銭から129円52銭、ユーロ・ドルは1.1558ドルから1.1593ドルで推移。

<KK>
Source: マネーポストWEB

XMTRADING

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.