星光PMC<4963>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2018年9月28日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

星光PMC

3ヶ月後
予想株価
1,200円

製紙用薬品が主力。印刷インキ用樹脂や機能性モノマーなども。DICの連結子会社。アジアを軸に海外展開を強化。セルロースナノファイバーや銀ナノワイヤの開発にも力注ぐ。18.12期は利益足踏みも計画比で上振れ。

18.12期は中国向けに製紙用薬品の差別化商品が堅調。グラビアインキ用樹脂なども伸びる。だが化成品停滞。原料高や人件費増、償却費増などが重石。増収も利益反落か。記念配。株価は妥当な水準と見て横ばいを想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.12連/F予/25,920/2,000/2,130/1,610/53.10/16.00
19.12連/F予/26,800/2,200/2,330/1,700/55.30/16.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/09/28
執筆者:JK

<FA>
Source: マネーポストWEB

XMTRADING

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.