「鉄道版インフラドクター」は鉄道保守の救世主になれるか?

鉄道版インフラドクターは保守用車両の台車に載せ、モーターカーで牽引する

 日本の鉄道が開業してから146年、事故を防ぐため、保守点検は欠かさない。しかし、短い距離でも時間、手間、人手がかかるほか、構造物の老朽化、少子高齢化、人口減少によって人手不足に陥る恐れがある。

 そうしたなかで鉄道保守の救世主として期待されているのが「鉄道版インフラドクター」だ。

 もともとインフラドクターは、首都高速のインフラ維持管理を目的として開発されたものだ。首都高速では、構造物の経年に加え厳しい財政状況も相まって、インフラの維持管理に課題が生じていた。そこで、首都高技術、エリジオン、朝日航洋がそれぞれの持ち味を融合したインフラドクターを3年かけて開発し、2016年夏に実用化された。

 インフラドクターは、GIS(地理情報システム)と3次元点群データーを活用し、道路や構造物の維持管理を支援するもので、業務の省力化、高度化、効率化を実現した。首都高速道路によると、30~40日間かかっていた作業が2~3日間で済むようになったという。

 屋根上の前方にはビデオカメラ、後方には360度の全方位カメラ(500万画素×6台)、世界最大級のレーザー計測機を2台装備した(レーザーは光らない)。後者について、1台の照射数は1秒間に100万発。インフラドクターは2台なので、1秒間に200万発を放つ。これにより、1度に6方向の動画が撮影できる。

 また、レーザー計測機を搭載することで、3次元点群データーの取得、異常箇所の早期発見や、構造物の3次元図面の作成もできる。

 この技術を鉄道向けに応用して、東京急行電鉄(以下、東急)、伊豆急行、首都高速道路、首都高技術が共同開発したものが「鉄道版インフラドクター」で、先日、伊豆高原輸送管理センターで実施された実証実験の様子も報道公開されている。

 東急事業開発室プロジェクト推進室プロジェクトチームの岩瀬祐人氏によると、先端技術を使った鉄道保守の効率化を検討したところ、首都高速側からインフラドクターを紹介され、それを見て“鉄道保守の効率化につながるのではないか”と考え、伊豆急行や東急線で実証実験を実施することになったという。

Source: マネーポストWEB

XMTRADING

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.