東京為替:米長期金利上昇を意識してドル下げ渋り

5日午前の東京市場でドル・円は114円近辺で推移。日経平均は105円安で推移しているが、株安を意識したドル売りは増えていないようだ。米長期金利は再び上昇していることから、リスク回避的なドル売りがただちに拡大する可能性は低いとみられる。ここまでのドル・円は113円85銭から114円03銭で推移。
・ユーロ・円は、131円11銭から131円36銭で推移
・ユーロ・ドルは、1.1511ドルから1.1520ドルで推移

■今後のポイント
・米国、カナダ、メキシコの3カ国で新たな貿易体制構築へ
・114円台で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性

・NY原油先物(時間外取引):高値74.84ドル 安値74.61ドル 直近値74.75ドル

<MK>
Source: マネーポストWEB

XMTRADING

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.