前週末に決算を発表したリクルートHDを対象とするコールが大幅上昇(13日10:01時点のeワラント取引動向)

新規買いは原資産の株価下落が目立つダブル・スコープコール34回 12月 1,800円を逆張り、ダブル・スコープコール35回 12月 2,200円を逆張り、昭和電工コール8回 10月 4,000円を逆張りで買う動きなどが見られる。

手仕舞い売りとしては日経平均プット926回 11月 23,000円、楽天コール226回 1月 850円、任天堂プット258回 1月 45,000円、日経平均プット922回 9月 22,000円、ダイフクコール20回 10月 5,500円などが見られる。

上昇率上位はリクルートホールディングスコール13回 9月 3,300円(前日比2.8倍)、三井金属鉱業プット9回 11月 4,000円(前日比2倍)、リクルートホールディングスコール19回 11月 3,500円(前日比2倍)、リクルートホールディングスコール12回 9月 2,800円(+77.6%)、リクルートホールディングスコール17回 11月 3,100円(+72.2%)などとなっている。

(eワラント証券投資情報室)

<HH>
Source: マネーポストWEB

XMTRADING

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.