個別銘柄戦略:ロートや富士フイルムに注目

先週末10日の米国市場では、NYダウは196.09ドル安の25313.14、ナスダック総合指数は52.67pt安の7839.11、シカゴ日経225先物は大阪日中取引比120円安の22180と、いずれも下落した。本日早朝の為替は1ドル110円台半ばと、前週末大引けより40銭ほど円高で推移している。先週からトルコリラの急落が投資家心理を冷やしており、本日もトルコ情勢を弱材料に売りが優勢となろう。対ユーロでの円高進行を受けて、精密機器など欧州売上高比率の高い銘柄の大幅安が予想される。一方、日銀新貿易協議は自動車と農業分野の対立を残したまま9月に持ち越しが決まった。短期的なイベント通過による安心感から、朝方に円高や先週末の米株安を反映した売りをこなした後は、自動車株を中心に下げ幅縮小が期待される。ロート、富士フイルム、特殊陶、ディスコ、富士電機、アルバック
、JDI、Jパワーなどに注目。

<US>
Source: マネーポストWEB

XMTRADING

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.