石塚硝子<5204>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2018年7月31日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

石塚硝子

3ヶ月後
予想株価
2,700円

製瓶・ガラス容器大手。ガラスびんやプラスチック容器を主力に、紙容器やガラス食器、抗菌剤等、多角化。PET容器開発に注力。生産能力を増強。19.3期1Qは増収、経常増益。プラスチック容器や抗菌剤がけん引。

19.3期は主力のPETボトルが新ラインの稼働が寄与し、主要顧客への販売増が続く見通し。生産能力を増強。一方、原料価格上昇、人件費や物流コストの増加が引き続き重し。株価は7月を底に回復。上昇基調へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/72,000/2,200/1,800/1,000/285.87/45.00
20.3期連/F予/74,000/2,300/2,000/1,050/300.85/45.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/07/31
執筆者:NI

<FA>
Source: マネーポストWEB

XMTRADING

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.