ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス<3222>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2018年7月30日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス

3ヶ月後
予想株価
1,400円

関東地盤のイオン系食品スーパー3社(マルエツ、カスミ、マックスバリュ関東)が15年に経営統合して誕生。今年5月末の店舗数は518店。中計では20.2期に営業益200億円を目指す。19.2期1Qは二桁増益。

マルエツ、カスミは競争激化で既存店の前年割れ傾向続く。だがマックスバリュ関東が健闘。資材の共同調達などで3社間シナジー発揮し、利益率が改善に向かう。19.2期は利益反発へ。税効果剥落。株価は横ばいを想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.2連/F予/720,000/14,700/14,800/6,100/46.92/16.00
20.2連/F予/735,000/15,400/15,500/6,500/50.67/16.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/07/30
執筆者:JK

<FA>
Source: マネーポストWEB

XMTRADING

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.