個別銘柄戦略:大成建設やメルカリに注目

8日の米国市場では、NYダウが45.16ドル安の25583.75、ナスダック総合指数が4.66pt高の7888.33、シカゴ日経225先物は大阪日中取引比60円安の22570円。本日早朝は為替が前日大引け時点に比べてやや円高で推移しているため、朝方は弱含みで取引が始まろう。ただ、ナスダック総合指数の堅調を反映し、電子部品株は朝方の売りが一巡した後は買い戻しで下げ幅縮小が期待される。一方、米ワシントンで日本時間10日開かれる日米貿易協議(FFR)の行方を見守る雰囲気が強まり、自動車株は積極的な売り買いは見送られそうだ。格上げや目標株価の引き上げが観測されている大成建、シップHD、メルカリ、フジHD、トレンド
、東海カ、エレコム、ニコンなどに注目。

<US>
Source: マネーポストWEB

XMTRADING

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.