NY原油:続伸で66.89ドル、原油在庫減少の影響残る

NY原油先物7月限は続伸(NYMEX原油7月限終値:66.89 ↑0.25)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は前日比+0.25ドルの66.89ドルで通常取引を終えた。
原油在庫減少の影響が残っていることや5月小売売上高の増加が買い材料となった。米長期金利の低下も一部で好感されたようだ。ただ、外為市場でユーロ安・米ドル高が急速に進行したことを嫌って原油先物の上げ幅はやや縮小した。

<CS>
Source: マネーポストWEB

XMTRADING

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.