NY金:小幅高で1301.30ドル、米FOMCの結果判明前でもみ合いが続く

NY金先物8月限は小幅高(COMEX金8月限終値:1301.30 ↑1.90)。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は前日比+1.90ドルの1オンス=1301.30ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めると1305.20ドルまで買われた。米連邦公開市場委員会の結果判明を待つ状況となり、通常取引では1300ドルを挟んだ水準でもみ合いが続いた。なお、FOMC会合で0.25ポイントの追加利上げが予想通り決定されたが、FOMC予測で金利見通しを引き上げており、2018年の利上げは合計4回に上方修正されている。

<CS>
Source: マネーポストWEB

XMTRADING

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.