SUBARU<7270>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2018年5月14日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

SUBARU

3ヶ月後
予想株価
4,000円

自動車中堅。水平対向エンジンに特色。四輪駆動や安全技術に強み。航空機部品も。筆頭株主はトヨタ。米国でシェア拡大中。配当性向30~50%目安。18.3期は無資格者の完成検査問題に嵩む費用計上などで利益続落。

米国の金利上昇で販売費増。原料高も重石。ただ北米を中心に販売台数拡大。2割営業減益を見込む19.3期会社計画は慎重。会社計画の想定為替は1ドル105円。エアバック関連特損も減る。株価は徐々に上向くと想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3連/F予/3,400,000/350,000/355,000/250,000/326.07/144.00
20.3連/F予/3,500,000/385,000/390,000/270,000/352.15/144.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/05/14
執筆者:JK

<DM>
Source: マネーポストWEB

XMTRADING

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.