新興市場見通し:外部環境睨みながら中小型株には明るさも、IPOではラクスル

先週の新興市場は、週前半こそ中小型株物色の流れが続き堅調な展開だったが、週末にかけて利益確定売りに押される格好となった。日経平均は週初に節目の23000円台を回復するとこう着感を強めたため、出遅れ感のある中小型株に値幅取り狙いの物色が向かった。ただ、週半ばになると北朝鮮情勢を巡る地政学リスクなどへの警戒感が高まり、相場全体の地合い軟化とともに新興市場でも売りが広がった。なお、週間の騰落率は、日経平均が-2.1%であったのに対して、マザーズ指数は+0.4%、日経ジャスダック平均は+0.2%だった。

個別では、サイバーダインが週間で3.0%高、ティーケーピーが同3.0%高となる一方、ミクシィが同1.9%安、そーせいグループが同5.7%安となるなどマザーズ時価総額上位は高安まちまちだった。売買代金上位では、メガバンクのQRコード規格統一に関する報道を受けてメタップスが活況を見せ、ALBERTやアドバンスト・メディアも大きく買われた。また、ビープラッツやアークンが週間のマザーズ上昇率上位に顔を出した。一方、ブライトパス・バイオはがんペプチドワクチンの試験結果を嫌気した売りが続いた。ジャスダック主力は、ハーモニック・ドライブ・システムズが同4.7%高、セリアが同6.6%高と比較的堅調だった。また、日産証券との資本業務提携を発表した岡藤HD、定款変更で仮想通貨事業進出への思惑が広がったアイフリークモバイルが週間のジャスダック上昇率上位に顔を出した。セキュアヴェイルやアズジェントといった情報セキュリティ関連銘柄も上げが目立った。反面、ソルガム・ジャパン・HDは証券取引等監視委員会の強制調査を受けて急落した。

今週の新興市場は、引き続き外部環境睨みの展開となりそうだ。注目される北朝鮮情勢に関しては、米朝が首脳会談実現に向けて対話姿勢も示しているため、さほど懸念は強まらないだろう。ただ、米国の保護主義的な通商政策など警戒材料は多く、日本株全体として外部環境に振らされる場面が続けば、中小型株も本格的な上昇は期待しにくい。テーマ性や材料性のある中小型株の売買は比較的活発だが、個別物色の様相が一段と強まりそうだ。

このところメタップスのように仮想通貨・フィンテック関連のニュースが物色材料として注目され、人工知能(AI)関連や情報セキュリティ関連のテーマ株も再動意を見せている。ベイカレント・コンサルティングのような好業績株には機関投資家の買いが観測されるなど、中小型株には明るい材料も見られる。なお、今週は5月30日にACCESS、31日に東和フードサービス、はてななどが決算発表を予定している。

IPO関連では、5月31日にラクスルがマザーズへ新規上場する。マザーズ上場案件としては大型だが、ブックビルディングにおける需要は堅調だったもよう。こうした大型案件の初値は個人投資家のセンチメントに左右されやすいものの、従前より期待は高まっているようだ。なお、先週は国際紙パルプ商事(6月26日、東証1部または2部)など7社の新規上場が発表されており、現時点で6月のIPO件数は計13社となった。メルカリを皮切りに活況を見せそうだ。

<FA>
Source: マネーポストWEB

XMTRADING

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.