東京為替:ドル・円はもみあい、節目付近で攻防

18日午前の東京市場でドル・円は110円90銭台の本日高値圏。節目の111円手前で売り買いが交錯し、もみあう展開となっている。ランチタイムの日経平均先物はプラス圏で推移するほか、米10年債利回りが3.12%台の高水準を維持しており、目先もドル買い・円売りの流れが続きそうだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円72銭から110円98銭、ユーロ・円は130円60銭から130円99銭、ユーロ・ドルは1.1789ドルから1.1807ドルで推移した。

<MK>
Source: マネーポストWEB

XMTRADING

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.