スクエア創業者ドーシー氏、デジタル通貨の将来に期待【フィスコ・ビットコインニュース】

 今週は、ニューヨークでブロックチェーンウィークが開催されている。ビットコイン強気派として知られるツィツターおよびスクエアの創業者、ジャック・ドーシー氏も16日コインデスク主催のコンセンサスコンファレンスで講演を行い、ディジタル通貨が将来を担うことを疑わない参加者の意見に賛同すると、表明した。

ドーシー氏は。インターネットには携わる通貨が必要で、それがビットコインになるかどうかがわからないが、そうなることを期待していると言及。ドーシー氏率いるスクエアは本年始め、スマホアプリを使ってユーザー間での送金が可能な送金アプリ「Cash App」でビットコイン取引対応を開始。ドーシー氏は社内でもかなりの懐疑的見方もあり、大きな論争が今もも続いていることを明らかにした。取締役の何人かは仮想通貨に抵抗しているとした。

そんな中、ドロシー氏は、「テクノロジーは我々の世界における基本的シフトであり、多くのポジティブな結果を得ることが可能だ」とし、「我々はこのテクノロジーがなぜ重要であるか、規制当局、米国証券取引委員会(SEC)を教育していかなければならないと訴えた。

<KY>
Source: マネーポストWEB

XMTRADING

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.