オーハシテクニカ—18/3期は2ケタ営業増益、19/3期も引き続き増収営業増益を見込む

オーハシテクニカは15日、2018年3月期連結決算を発表した。売上高が前期比3.9%増の389.74億円、営業利益が同10.8%増の42.19億円、経常利益が同10.8%増の43.06億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同8.1%増の30.65億円となった。

セグメント別では、日本は、売上高が前期比7.0%増の213.63億円、セグメント利益は同10.2%増の19.53億円となった。米州は、売上高が同8.1%減の82.73億円、セグメント利益は同5.0%減の10.82億円となった。中国は、売上高が同16.1%増の45.49億円、セグメント利益は同28.5%増の6.77億円となった。
アセアンは、売上高が同7.7%増の27.48億円、セグメント利益は同46.4%増の3.62億円となった。
欧州は、為替のポンド安の影響が大きく、売上高は同1.0%減の20.39億円、セグメント利益は同63.8%減の0.88億円となった。

2019年3月期通期の連結業績予想は、売上高が前期比2.6%増の400.00億円、営業利益が同0.7%増の42.50億円、経常利益が同1.0%増の43.50億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同11.9%減の27.00億円としている。

<MW>
Source: マネーポストWEB

XMTRADING

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.