要興業—急落で上場来安値更新、今期の大幅減益見通しを嫌気

要興業は急落で上場来安値を更新。前日に決算を発表、前期営業利益は11.4億円で前期比10.5%増益、従来予想の12.2億円を下回る着地となった。退職給付費用の増加などが要因となる。また、今期営業利益は7.4億円で同35.5%の減益見通し、売上の伸び悩みで処理コストの上昇がカバーしきれないもよう。昨年12月に上場したばかりであり、業績下振れや大幅減益見通しに敏感に反応する形となっている。

<HH>
Source: マネーポストWEB

XMTRADING

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.