Google 傘下の地図アプリ、「屋外広告」の分野を侵略?:態度変容を促す「ウェイズ」の可能性

google-eye-eye

ウェイズ(Waze)は、渋滞情報をコミュニティでシェアできる世界最大のカーナビアプリ。2013年にGoogleは、このイスラエルのアプリを約10億ドル(約1090億円)で買収した。この買収の目的は、ほかの巨大テック企業に価値を生む地図ビジネスを奪われないようにすることだけではなかった。

The post Google 傘下の地図アプリ、「屋外広告」の分野を侵略?:態度変容を促す「ウェイズ」の可能性 appeared first on DIGIDAY[日本版].

Source: DIGIDAY[日本版]

XMTRADING

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.