NY株式:NYダウは212ドル高、堅調な経済指標や企業決算を好感

16日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は212.90ドル高の24573.04、ナスダックは49.63ポイント高の7156.28で取引を終了した。前週末に米英仏がシリアに軍事攻撃を実施したものの、同国を巡る情勢悪化懸念が一服し、買いが先行。3月小売売上高が予想を上振れたほか、主要企業決算も好感され、終日堅調推移となった。セクター別では銀行を除いて全面高となり、特に食品・生活必需品小売や運輸の上昇が目立った。

トラックメーカーのナビスター(NAV)は、独自動車大手のフォルクスワーゲンが出資増額を検討していることが明らかとなり上昇。製薬のメルク(MRK)は、同社のがん治療薬「キイトルーダ」が肺がん患者への臨床試験で高い患者生存率を示し堅調推移。大手行のバンク・オブ・アメリカ(BAC)は、決算内容が予想を上振れ、買われた。一方で、食品メーカーのディーン・フーズ(DF)は、ゴールドマン・サックスによる投資判断引き下げを受け下落した。

マーケット終了後に動画ストリーミングのネットフリックス(NFLX)が発表した決算では、一株利益は予想に一致し、売上高は予想を上振れた。契約者数も741万人増と予想を上回り、時間外取引で株価は上昇して推移している。

Horiko Capital Management LLC

<TM>
Source: マネーポストWEB

XMTRADING

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.