欧州為替:ドル・円は107円台、持ち高調整の動き目立つ

 ドル・円は欧州市場でドルの買い戻しが優勢となり、一時107円22銭まで上昇した。本日発表となる米国の2月消費者物価指数(CPI)は伸び拡大が予想されていることで、持ち高調整の動きがドル・円で目立っているもよう。一方、ユーロ・ドルは1.23ドル台前半で小動きが続いており、ユーロ・円が132円22銭まで上昇している。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円89銭から107円22銭。ユーロ・円は131円76銭から132円22銭、ユーロ・ドルは1.2315ドルから1.2338ドルで推移。

<KK>
Source: マネーポストWEB

XMTRADING

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.